PACKAGING

パッケージデザインの際の3Dモック制作のプロセス

パッケージ制作の流れ

1. マーケット・ブランド・開発経緯・訴求ポイント・戦略が私たちのデザイン素材です。

商品の特長

package_01.png

一言で言うとどんな商品だろう?

開発の背景

package_02.png

マーケット・ベンチマーク・売価…

​どういう消費者向けなんだろう

パッケージ包材

package_03.png

包材の特徴を活かした

デザイン表現はできるかな

2. デザインのご提案

競合・陳列棚の確認

package_04.png

デザインを考察する前に

具体的に売り場を確認しにいきます。

デザインをおこす

package_05.png

デザインのご確認

package_06.png

2〜3案を3Dモック画像、

売場シュミレーション画像で

完成に近いイメージでご提案いたします。

​方向性が決まったら、ブラッシュアップ

3. コンテンツの作成

商品の撮影

package_07.png

ほとんどのものが弊社のスタジオで

撮影することが可能です。

イラストレーション

package_08.png

決まったデザイン案のイラストを

実際に描きおこします。

手書き文字

package_09.png

必要に応じて書家さんに文字を発注。

4. 表示面の作成

法律、業界ルールに沿って視認性、可読性を損なわない表示を作成いたします。

​また、つくり方・お召し上がり方、使用方法などは、イラストを作成し消費者に分かりやすくいたします。

5. 入稿データの作成

製版指示書や白インキ版用のスケールデータをデータ内に作成いたします。

​デジタル検版とデータ不備の最終確認を二人体制で行います。